option

システム・オプションによるグラフの構成方法。

構文

option(arg).set( value )

グラフはグラフごとに以下のオプションを使用して構成できます。systemコマンドを設定するには、Gremlin Consoleを使用する必要があります。

表 1. グラフ固有のオプショングラフ固有のオプションはgraphが前に付きます。たとえば、graph.replication_configのようになります。
オプションの引数 設定例 説明 デフォルト
replication_config { 'class' :'NetworkTopologyStrategy', 'dc1' : 3 } 1つのグラフのレプリケーション構成を設定します。 { 'class' :'SimpleStrategy', 'replication_factor' : 1 }
system_replication_config { 'class' :'NetworkTopologyStrategy', 'dc1' : 3 } 1つのgraph_systemデータのレプリケーション構成を設定します。 { 'class' :'SimpleStrategy', 'replication_factor' : 1 }
default_property_key_cardinality Multiple 自動的に定義されるプロパティのデフォルトのカーディナリティ Single

説明

グラフを構成します。オプションをsetできます。

新しいグラフを作成し、グラフのレプリケーション構成とgraph_systemレプリケーション構成をCassandraに設定します。
system.graph('food').
option("graph.replication_config").set("{'class' :'NetworkTopologyStrategy', 'dc1' : 3 }").
option("graph.system_replication_config").set("{'class' :'NetworkTopologyStrategy', 'dc1' : 3 }").
ifNotExists().create()
生成リスト:
==>null
レプリケーション設定は、cqlshツールを使用し、CQLコマンドDESCRIBE keyspace food;を実行して確認できます。
他のスキーマ設定はグラフの作成時に設定できますが、後で変更する場合は、schema.config()を使用して変更する必要があります。
system.graph('food2').
option("graph.replication_config").set("{'class' :'SimpleStrategy', 'replication_factor' :1 }").
option("graph.system_replication_config").set("{'class' :'SimpleStrategy', 'replication_factor' :1 }").
option("graph.schema_mode").set("Development").
option("graph.allow_scan").set("false").
option("graph.default_property_key_cardinality").set("multiple").
option("graph.tx_groups.*.write_consistency").set("ALL").
create()
スキーマ設定を確認するには:
:remote config alias g food2.g
schema.config().describe()
結果を取得するには:
graph.schema_mode:開発
graph.allow_scan:False
graph.tx_groups.*.write_consistency:ALL
graph.default_property_key_cardinality:Multiple
gremlin> schema.config().option("graph.allow_scan").set("true")