cfs-stressツール

cfs-stressツールを使用して、Cassandraファイル・システム(CFS)層のストレス・テストを実行します。

使用法:
cfs-stress [options] cfs_directory

ここで、cfs_directoryは、テスト・ファイルを格納する場所です。

注: このツールは、cassandra.yamlファイルのlisten_addressプロパティを使用します。localhostを使用していない場合は、正しいIPを追加引数として追加します。
stress-cfs [options] cfs_directory listen_address
cassandra.yamlファイルの場所は、インストールのタイプによって異なります。
パッケージ・インストール /etc/dse/cassandra/cassandra.yaml
tarボール・インストール install_location/resources/cassandra/conf/cassandra.yaml
表 1. オプション
短い形式 長い形式 説明
-d --data-generator class ファイルを作成するためのデータ・ジェネレーター。使用可能なジェネレーターは、RandomDataGenerator、TextDataGenerator、ZeroDataGeneratorです。

RandomDataGeneratorは高速の疑似ランダム・データ・ジェネレーターで、Core i7 @ 2.4 GHzのシングル・コアで、1秒間に約1.5 GBのデータを生成します。

-h -help ヘルプを表示します。
-n --count number 読み取り/書き込みするファイルの合計数。デフォルト: 100.
-o --operation R|W|WR|WRD 操作:R読み取り、W書き込み、WR書き込みと読み取り、WRD書き込みと読み取りと削除。デフォルト:W
--r --streams number 開いたままで維持される、スレッドあたりのストリームの最大数。デフォルトは2です。
-s --size number 各ファイルのサイズで、KB単位。デフォルトは1024です。
--shared-cfs すべてのスレッドに同じCFSオブジェクトを共有させる。
-t --threads number スレッドの数。デフォルトは8です。

cfs-stressツールはtoolsディレクトリーにあります。

toolsディレクトリーのデフォルトの場所は、インストールのタイプによって異なります。
Installer-Servicesおよびパッケージ・インストール /usr/share/dse/tools
Installer-No Servicesおよびtarボール・インストール install_location/dse/tools

toolsディレクトリーから以下を実行します。

./cfs-stress cfs_directory

出力は以下のようになります。

Writing 104 MB to cfs://localhost:9160/user/pt/cfs_directory in 100 files.
progress       bytes     curr rate      avg rate    max latency
0.0%      0.0 MB     0.0 MB/s     0.0 MB/s         ------
0.0%      0.0 MB     0.0 MB/s     0.0 MB/s         ------
0.0%      0.0 MB     0.0 MB/s     0.0 MB/s         ------
0.0%      0.0 MB     0.0 MB/s     0.0 MB/s         ------
0.0%      0.0 MB     0.0 MB/s     0.0 MB/s         ------
32.0%      33.6 MB      2.6 MB/s      5.5 MB/s     129.554 ms
80.0%      83.9 MB     31.4 MB/s     11.7 MB/s      10.303 ms
82.0%      86.0 MB     48.5 MB/s     10.5 MB/s         ------
100.0%     104.9 MB     14.5 MB/s     12.4 MB/s       0.012 ms
データ 説明
progress ストレス操作の全体進行状況。
bytes 書き込み/読み取りが行われた合計バイト
curr rate 1秒間に書き込み/読み取りが行われるバイトの現在の速度。
avg rate 1秒間に書き込み/読み取りが行われるバイトの平均速度。
max latency 現在のレポート・ウィンドウにおける最大レイテンシー(単位はミリ秒)。