DSEインメモリーを使用するテーブルの作成または変更

CQLディレクティブを使用して、DSEインメモリーを使用するテーブルを作成または変更します。

CQLディレクティブを使用して、DSEインメモリーを使用するテーブルを作成または変更し、dse.yamlを使用して、テーブルのサイズを制限します。

DSEインメモリーを使用するテーブルの作成

DSEインメモリーを使用するテーブルを作成するには、CQLディレクティブをCREATE TABLE文に追加します。文でコンパクション・ディレクティブを使用して、MemoryOnlyStrategyクラスを指定し、圧縮を無効にして、キーと行のキャッシュを無効にします。

CREATE TABLE customers (
uid text,
fname text,
lname text,
PRIMARY KEY (uid) 
) WITH compaction={'class':'MemoryOnlyStrategy' }
AND compression = {'sstable_compression':''}
AND caching = {'keys':'NONE', 'rows_per_partition':'NONE'};

DSEインメモリーを使用する既存のテーブルの変更

ALTER TABLE文を使用して、インメモリーを使用するように従来のテーブルを変更します。または、インメモリー・テーブルを従来のテーブルに変更します。たとえば、employeeというテーブルにDESCRIBEコマンドを使用します。DESCRIBEコマンドの出力に次のような行が含まれていないため、employeeが従来のテーブルであることを確認します。

compaction = { 'class' :'MemoryOnlyStrategy'} >

DSEインメモリーを使用するようにemployeeテーブルを変更し、ベスト・プラクティスとしてキャッシングを無効にします

ALTER TABLE employee WITH compaction= { 'class':'MemoryOnlyStrategy' }
AND compression = {'sstable_compression':''}
AND caching = {'keys':'NONE', 'rows_per_partition':'NONE'};

テーブル・サイズの制限

dse.yamlファイルでmax_memory_to_lock_fraction構成オプションまたはmax_memory_to_lock_mb構成オプションを使用して、すべてのインメモリー・テーブルに使用するシステム・メモリーの容量を指定します。
max_memory_to_lock_fraction システム・メモリーに対する割合を指定します。デフォルト値の0.20は、システム・メモリーの最大20%を使用することを指定します。
max_memory_to_lock_mb メモリの最大容量をMBで指定します。
dse.yamlファイルの場所は、インストールのタイプによって異なります。
Installer-Services /etc/dse/dse.yaml
パッケージ・インストール /etc/dse/dse.yaml
Installer-No Services install_location/resources/dse/conf/dse.yaml
tarボール・インストール install_location/resources/dse/conf/dse.yaml

テーブルでのキャッシングの無効化

DataStaxでは、DSEインメモリー・オプションを使用するテーブルでキャッシングを無効にすることを推奨しています。キャッシングが無効になっていない場合、警告がログに書き込まれます。テーブル・キャッシング・プロパティを以下のように設定して、キャッシング・タイプを両方とも無効にします。
ALTER TABLE customers WITH caching = {'keys':'NONE', 
'rows_per_partition':'NONE'};