バイナリーtarボールを使用したDataStax Enterpriseのインストール

サポートされているLinuxベースのプラットフォームにDataStax Enterpriseをインストールする手順。

バイナリーtarボールを使用して、Linuxベースのプラットフォームにrootパーミッションでインストールするには、次の手順を使用します。 以前のバージョンをインストールするには、「以前のバージョンのインストール」を参照してください。

重要: DataStax Enterprise 5.0では、Cassandra 3.0およびCQL 3.3を使用します。

バイナリーtarボールからインストールした場合、DataStax Enterpriseはスタンドアローン・プロセスとして実行されます。

始める前に

表 1. ハードウェアの要件
要件 最低 実稼働
CPU 2 16
メモリー 8 GB 24 GB
データ・ディレクトリー 20 GB 200 GB
コミット・ログ・ディレクトリー 20 GB 200 GB
保存されるキャッシュのディレクトリー 20 GB 200 GB
ログ・ディレクトリー 20 GB 200 GB
実稼働環境の要件は、データとワークロードの量によって異なります。

実稼働環境での推奨設定」および「DataStax Enterprise Reference Architecture」ホワイト・ペーパーも参照してください。

手順

これらの手順は、DataStax Enterpriseをインストールします。OpsCenter、DataStax Studio、DataStax Agent、またはDevCenterはインストールされません。インストールしたら、DataStax Enterpriseを構成して開始する必要があります。

ターミナル・ウィンドウで:

  1. Javaの必要なバージョンがインストールされていることを確認します。
    java -version

    Oracle Java 8またはOpenJDKでない場合は、「JDKのインストール」を参照してください。

    重要: パッケージ管理ツールは、Oracle Javaをインストールしません。
  2. DataStax Academyアカウントの認証情報です。を使用して、DataStax Enterprise tarボールをダウンロードし、抽出します。
    curl --user [DSAの電子メール・アドレス]:[パスワード] -L http://downloads.datastax.com/enterprise/dse.tar.gz | tar xz

    [DSAの電子メール・アドレス][パスワード]は、ご使用のDataStax Academyアカウントの認証情報です。

    重要: 環境によっては、電子メール・アドレスの@%40に置き換え、オペレーティング・システムのコマンドラインで使用するパスワードの文字をエスケープする必要があります。例:\!および\|
    注意: 上記のコマンドを実行する場合、shellの履歴にパスワードが保持されます。これを避けるため、DataStaxでは--netrcまたは--netrc-fileオプションとともにcurlを使用することを推奨しています。あるいは、DataStaxダウンロードからtarボールをダウンロードしてください。

    DataStaxインストーラーには、開発者関連ツールのJavadoc、DataStax EnterpriseデモDataStax Studio、およびDSE Graph Loaderの使用をインストールするオプションが用意されています。

    ファイルがダウンロードされ、dse-5.0.0ディレクトリーに抽出されます。

  3. オプション: デフォルトのディレクトリーの場所にrootアクセス権がない場合は、以下の手順に従って独自のディレクトリーの場所を指定したり、ディレクトリーの所有権を変更したりすることができます。
    • /var/lib/cassandra
    • /var/log/cassandra
    • /var/lib/dsefs
    • /var/lib/spark
    • /var/log/spark
    sudo mkdir -p /var/lib/cassandra; sudo chown -R  $USER:$GROUP /var/lib/cassandra
    $ sudo mkdir -p /var/log/cassandra; sudo chown -R  $USER:$GROUP /var/log/cassandra
    $ sudo mkdir -p /var/lib/dsefs; sudo chown -R  $USER:$GROUP /var/lib/dsefs
    $ sudo mkdir -p /var/lib/spark; sudo chown -R  $USER:$GROUP /var/lib/spark
    $ sudo mkdir -p /var/log/spark; sudo chown -R  $USER:$GROUP /var/log/spark
  4. オプション: デフォルトのデータおよびロギングのディレクトリーを使用しない場合は、独自のディレクトリーの場所を定義することができます。
    1. データおよびロギング・ディレクトリー用のディレクトリーを作成します。
      例:
      mkdir [インストール場所]/dse-data
      $ cd dse-data
      $ mkdir commitlog
      $ mkdir saved_caches
    2. cassandra.yamlファイルを含んでいるディレクトリーに移動します:
      cd install_location/resources/cassandra/conf
    3. cassandra.yamlファイルの以下の行を編集します。
      cassandra.yamlファイルの場所は、インストールのタイプによって異なります。
      パッケージ・インストール /etc/dse/cassandra/cassandra.yaml
      tarボール・インストール install_location/resources/cassandra/conf/cassandra.yaml
      data_file_directories:install_location/dse-data
      commitlog_directory:install_location/dse-data/commitlog
      saved_caches_directory:install_location/dse-data/saved_caches
  5. オプション: デフォルトのSparkディレクトリーを使用しない場合は、独自のディレクトリーの場所を定義できます。
    1. Spark libおよびlogディレクトリー用のディレクトリーを作成します。
    2. Sparkノードの構成」で説明しているように、Spark libおよびlogディレクトリーの場所に一致するように、spark-env.shファイルを編集します。
      spark-env.shファイルのデフォルトの場所は、インストールのタイプによって異なります。
      Installer-Servicesおよびパッケージ・インストール /etc/dse/spark/spark-env.sh
      Installer-No Servicesおよびtarボール・インストール install_location/resources/spark/conf/spark-env.sh

    DataStax Enterpriseは、追加の構成を開始できる状態です。

  6. オプション: 単一ノード・クラスターでのインストールのみ:
    1. インストール・ディレクトリーからDataStax Enterpriseを起動します。
      bin/dse cassandra
      注: 他の起動オプションについては、「スタンドアローン・プロセスとして起動」を参照してください。
    2. DataStax Enterpriseが実行中であることを確認します。
      vnodeを使用している場合:
      nodetool status
      Datacenter:Cassandra
      =====================
      Status=Up/Down
      |/ State=Normal/Leaving/Joining/Moving
      --  Address      Load       Tokens  Owns   Host ID                               Rack
      UN  127.0.0.1  82.43 KB   128     ?40725dc8-7843-43ae-9c98-7c532b1f517e  rack1
      vnodeを使用していない場合:
      nodetool status
      Datacenter:Analytics
      =====================
      Status=Up/Down
      |/ State=Normal/Leaving/Joining/Moving
      --  Address         Load       Owns    Host ID                               Token                 Rack
      UN  172.16.222.136  103.24 KB  ?3c1d0657-0990-4f78-a3c0-3e0c37fc3a06  1647352612226902707   rack1

次のタスク

cassandra.yamlファイルの場所は、インストールのタイプによって異なります。
パッケージ・インストール /etc/dse/cassandra/cassandra.yaml
tarボール・インストール install_location/resources/cassandra/conf/cassandra.yaml
dse.yamlファイルの場所は、インストールのタイプによって異なります。
Installer-Services /etc/dse/dse.yaml
パッケージ・インストール /etc/dse/dse.yaml
Installer-No Services install_location/resources/dse/conf/dse.yaml
tarボール・インストール install_location/resources/dse/conf/dse.yaml