DSE Search通信用のシャード・トランスポート・オプション

Nettyのノンブロッキング通信層がこれまでのデフォルトでした。5.0にアップグレードした後、すべてのノードがノード間のメッセージング・オプションを使用するように切り替わります。

DataStax Enterpriseでは、カスタムでTCPベースのSolr用通信層がデフォルトのタイプで、HTTPベースでTomcatベースのインターフェイスに代わるものでした。これは、遅くてリソース集約的でした。

netty通信層により、DSE Searchのノード間通信がいくつかの点で向上します。

  • レイテンシーを短縮する
  • リソース消費量を減らす
  • 多数の同時接続要求を処理しているときでも、スループットを増大させる
  • ノンブロッキングI/O処理ができる

クエリー中の分散デッドロックを回避するため、HTTPベースの通信は使用しないでください。DataStaxでは、ノード間のメッセージングを使用することを推奨しています。

DSE Search用TCPベース通信層では、SSLを使用したクライアント・ノード間暗号化およびノード間暗号化をサポートしますが、Kerberosはサポートしません。

dse.yamlファイルでshard_transport_optionsを構成するために、TCPベース(netty)の通信を選択し、シャード・オプションを構成します。
注:
type:nettyの場合、以下のnetty設定を定義して、DSE Searchノード間のノード間通信を構成します。
netty_server_port
TCPのリッスン・ポート。DataStax Enterprise 5.0以前のリリースでは、この設定は、nettyトランスポートを必須で使用し、5.0へのアップグレード時にのみ使用されます。すべてのノードが5.0を実行するようになって以降、このノードがコーディネートする要求は、このポートで他のノードに通信しなくなりました。5.0以降では、要求はノード間メッセージング・オプションを使用します。デフォルト: 8984
netty_server_acceptor_threads
サーバー・アクセプター・スレッドの総数。デフォルト:number_of_available_processors
netty_server_worker_threads
サーバー・ワーカー・スレッドの総数。デフォルト:number_of_available_processors * 8
netty_client_worker_thread
クライアント・ワーカー・スレッドの総数。デフォルト:number_of_available_processors * 8
netty_client_max_connections
クライアント接続の最大数。デフォルト: 100
netty_client_request_timeout
クライアント要求タイムアウトは、Solr分散要求がシャード応答を待機する最大累積時間です(単位はミリ秒)。デフォルト: 60000
netty_max_frame_length_in_mb
メッセージ・フレームの最大長(メガバイト単位)。デフォルト: 256
注: シャード・トランスポート・オプションは、レプリケーション係数がノードの数と等しくないデータ・センターにのみ対応しています。キースペースのレプリケーション係数を変更または確認できます。

DataStax Enterprise 5.0は、シャード・トランスポートの同じ利点をもたらすノード間のメッセージング・システムを実装していますが、すべてのDataStax Enterpriseコンポーネントで広く使用されています。アップグレードの影響については、「DataStax Enterpriseのアップグレード」を参照してください。

dse.yamlファイルの場所は、インストールのタイプによって異なります。
Installer-Services /etc/dse/dse.yaml
パッケージ・インストール /etc/dse/dse.yaml
Installer-No Services install_location/resources/dse/conf/dse.yaml
tarボール・インストール install_location/resources/dse/conf/dse.yaml