自動リソース生成のカスタマイズ

solrconfig.xmlおよびschema.xmlの生成をカスタマイズするためのYAML形式のオプション。

YAML形式のファイルにオプションを指定することによってsolrconfig.xmlおよびschema.xmlの生成をカスタマイズできます。
auto_soft_commit_max_time

最大自動ソフト・コミット時間(単位はミリ秒)。

default_query_field

クエリーでフィールドが指定されていないときに使用するためのスキーマ・フィールド。

type_mapping_version

Solr/Cassandra型マッピング・バージョン。

directory_factory_class

factoryディレクトリーのクラス名。

enable_string_copy_fields

キーでないテキスト・フィールドに対して、格納されない文字列コピー・フィールドの生成を有効にするように指定します。テキスト・データはトークンが付けられているかいないかのいずれかになります。enable_string_copyフィールドはデフォルトではfalseです。trueにすると、格納されずトークンも付けられていないコピー・フィールドを作成するので、両方の方法でテキストを所有できます。

exclude_columns

除外するカラムのコンマ区切り(CSV)リスト。

generate_docvalues_for_fields
生成されたスキーマでdoc値を自動的に構成するようにフィールドを定義します。考えられるすべてのフィールドを追加するには、以下のように'*'を指定します。
generate_docvalues_for_fields:'*' ## このパラメーターは省略可能で、値を指定しなくても構いません。
あるいは、フィールドのコンマ区切りリストを指定することもできます。以下に例を示します。
generate_docvalues_for_fields:uuidfield, bigintfield
include_columns
含めるカラムのコンマ区切り(CSV)リスト。空の場合、すべてのカラムを含めます。
index_merge_factor

インデックス・マージ係数。

index_ram_buffer_size

インデックスRAMバッファー・サイズ(単位はMB)。

lenient
サポート対象外の型のカラムに遭遇してもエラーを生成せずに、無視してリソースを生成し続けます。デフォルト:false
resource_generation_profiles
インデックス・サイズを最小限に抑制するには、リソースの生成時に適用するプロファイルのCSVリストを指定します。
  • spaceSavingAll - 以下のオプションをすべて適用します。
  • spaceSavingNoTextfield - TextFieldsなし。代わりにStrFieldを使用します。
  • spaceSavingNoJoin - 非表示のプライマリ・キー・フィールドのインデックスを作成しません。コア全体で参加を防ぎます。
  • spaceSavingSlowTriePrecision - トライ・フィールドprecisionStepを'0'に設定し、スペースの大幅な節約を実現しますがクエリーの速度は低下します。
例:
resource_generation_profiles:spaceSavingNoTextfield, spaceSavingSlowTriePrecision
rt
ライブでのインデックス作成を有効にして、インデックス作成スループットを向上させます。クラスター1つあたりSolrコア1つにライブのインデックス作成を有効にします。
rt=true

solrconfig.xmlおよびYAMLファイルをカスタマイズする例

たとえば、solrconfig.xmlおよびYAMLファイルをカスタマイズするために使用する以下のオプションをリストするYAMLファイルを作成します。
default_query_field:name
auto_soft_commit_max_time: 1000
generate_docvalues_for_fields:'*'
enable_string_copy_fields:false

dsetoolコマンドを使用してコアを作成し、solrconfigおよびスキーマ生成をカスタマイズします。coreOptionsを使用してYAMLファイルを指定します。以下に例を示します。

dsetool create_core nhanes_ks.nhanes generateResources=true coreOptions=config.yaml

ライブ・インデックス作成をオンにした状態でコアを作成する例

ライブ・インデックス作成(RTとも知られる)によってコアを作成するには、dsetoolコマンドを使用してコアを作成し、coreOptionsを使用してrt:true設定を含んでいるYAMLファイルを指定します。たとえば、以下のようにします。
dsetool create_core udt_ks.users generateResources=true reindex=true coreOptions=rt.yaml

ここで、rt.yamlの内容はrt:trueです。

dsetoolを使用してコア・リソースを読み取ることによって、DSE Searchがsolrconfigおよびスキーマを作成したことを確認できます。

暗号化によってコアを作成する例

新しいコアの暗号化を有効化することができます。