nodetool enablehintsfordc

データ・センターのヒントを有効にします。

データ・センターのヒントを有効にします。

構文

$ nodetool [options] enablehintsfordc [--] <datacenter>
tarボールおよびInstaller-No Servicesのパス:
installation_location/resources/cassandra/bin
表 1. オプション
短い形式 長い形式 説明
-h --host ホスト名またはIPアドレス。
-p --port ポート番号。
-pwf --password-file パスワード・ファイルのパス。
-pw --password パスワード。
-u --username リモートJMXエージェントのユーザー名。
データセンター 有効にするデータ・センター。
-- オプションと間違えられる可能性のある引数とオプションを区切ります。
注:
  • tarボール・インストールの場合は、installation_location/binディレクトリーからコマンドを実行します。
  • RMI認証用のユーザー名とパスワードがホストのcassandra-env.shファイルに明示的に設定されている場合は、認証情報を指定する必要があります。
  • nodetool enablehintsfordcは、-hを使用して1つ以上の他のノードを指定していなければ、クラスター内の1つのノード上で実行されます。コマンド発行元のノードがコマンドの実行対象である場合、-hオプションを使用して実行対象を指定する必要はありません。それ以外の場合は、リモート呼び出しの場合、-hオプションを使用して1つまたは複数の実行対象ノードを指定します。
  • リストがオプションと間違えられる可能性のある場合は、[--]を使用してコマンドライン・オプションと引数のリストを分離します。

説明

nodetool enablehintsfordcコマンドを使用して、データ・センター用のヒントをオンにします。cassandra.yamlファイルには、起動時にデータ・センターをブラックリストに載せるパラメーターであるhinted_handoff_disabled_datacentersが含まれています。データ・センターは、後からnodetool enablehintsfordcを実行して有効にできます。

$ nodetool -u username -pw password enablehintsfordc DC2
cassandra-env.shファイルの場所は、インストールのタイプによって異なります。

パッケージ・インストールInstaller-Servicesインストール

/etc/dse/cassandra/cassandra-env.sh

tarボール・インストールInstaller-No Servicesインストール

installation_location/resources/cassandra/conf/cassandra-env.sh