nodetool setcompactionthreshold

テーブルの最小および最大コンパクションしきい値を設定します。

テーブルの最小および最大コンパクションしきい値を設定します。

構文

nodetool options setcompactionthreshold [--] [keyspace_name [table_name]] minthreshold maxthreshold
tarボールおよびInstaller-No Servicesのパス:
installation_location/resources/cassandra/bin
表 1. オプション
短い形式 長い形式 説明
-h --host ホスト名またはIPアドレス。
-p --port ポート番号。
-pwf --password-file パスワード・ファイルのパス。
-pw --password パスワード。
-u --username リモートJMXエージェントのユーザー名。
keyspace テーブルを指定せずに使用される場合のキースペース全体を対象にするか、キースペース名の後ろのキースペースを修飾します。
テーブル 指定したテーブルをコンパクションのターゲットにします。
minthreshold SizeTieredCompactionStrategyの使用時にマイナー・コンパクションを行うようにSSTableの最小数を設定します。
maxthreshold SizeTieredCompactionStrategyの使用時にマイナー・コンパクションを行うSSTableの最大数を設定します。
-- オプションと間違えられる可能性のある引数とオプションを区切ります。

説明

このパラメーターは、マイナー・コンパクションをスケジュールする前に、同じようなサイズのSSTableがいくつ存在する必要があるかを決定します。max_thresholdテーブル・プロパティは、1回のマイナー・コンパクションでコンパクションできるSSTableの数の上限を設定します。これについては、データはどのように更新されるかで説明されています。

LeveledCompactionStrategyを使用する場合、maxthresholdは内部設定(32)をリセットまたはオーバーライドします。オーバーラップの多いSSTableをコンパクションするときに、メモリーの浪費やメモリー不足を避けるために、SSTableは同時にコンパクションされます。