nodetool ring

ノードのステータスとリングに関する情報を表示します。

ノードのステータスとリングに関する情報を表示します。

構文

$ nodetool <options> ring ( -r | --resolve-ip ) -- <keyspace>
tarボールおよびInstaller-No Servicesのパス:
installation_location/resources/cassandra/bin
表 1. オプション
短い形式 長い形式 説明
-h --host ホスト名またはIPアドレス。
-p --port ポート番号。
-pwf --password-file パスワード・ファイルのパス。
-pw --password パスワード。
-u --username リモートJMXエージェントのユーザー名。
-r --resolve-ip IPアドレスの代わりにノード名を指定します。
keyspace キースペースの名前。
-- オプションと間違えられる可能性のある引数とオプションを区切ります。

説明

ノードのステータスと、クエリ対象ノードによって決まるリングに関する情報を表示します。この情報から、ロード・バランスの状況や、ダウンしているノードがないかなど知ることができます。クラスターが適切に構成されていないと、それぞれのノードが異なるリングを示すことがあります。ノードがリング内に同じように表示されていることを確認してください。仮想ノード(vnode)を使用する場合は、出力を簡潔にするためにnodetool statusを使用します。

  • Address

    ノードのURL。

  • DC(データ・センター)

    ノードが含まれているデータ・センター。

  • Rack

    ラック、またはAmazon EC2の場合には、ノードのアベイラビリティー・ゾーン。

  • Status - UpまたはDown

    ノードが機能しているかどうかを示します。

  • State - N(正常)、L(離脱)、J(参加)、M(移動)

    クラスターから見たノードの状態。

  • Load - 90秒ごとに更新します。

    snapshotsサブディレクトリーの内容をすべて除外した後の、cassandraデータ・ディレクトリーに含まれているファイル・システム・データの量。すべてのSSTableデータ・ファイルが含まれるため、TTLが期限切れになったセルやトゥームストーン・データなどの、クリーンアップされていないデータも含まれます。

  • Token

    リストされている値までのトークン範囲の終わり。トークン範囲の説明については、「Data Distribution in the Ring」を参照してください。

  • Owns

    データ・センターごとにノードが所有しているデータの割合にレプリケーション係数を掛けたもの。たとえば、ノードがリングの33%を所有しているとき、レプリケーション係数が3の場合には、100%と示されます。

  • Host ID

    ノードのネットワークID。