nodetool toppartitions

サンプル・データベースは、指定したテーブル内で最もアクティブなパーティションを読み書きし、報告します。

サンプル・データベースは、指定したテーブル内で最もアクティブなパーティションを読み書きし、報告します。

構文

$ nodetool [ options ] toppartitions [ -a samplers ] [ -k topcount ] [ -s size ] [ -- ] keyspace table duration
tarボールおよびInstaller-No Servicesのパス:
installation_location/resources/cassandra/bin
表 1. オプション
短い形式 長い形式 説明
-h --host ホスト名またはIPアドレス。
-p --port ポート番号。
-pwf --password-file パスワード・ファイルのパス。
-pw --password パスワード。
-u --username リモートJMXエージェントのユーザー名。
-a samplers 使用するサンプラーのコンマ区切りリスト(デフォルト:すべて)
-k topCount リストするトップ・パーティションの数(デフォルト:10)
-s size ストリーム・サマリーのキャパシティ。パーティションの実際のカーディナリティに近いほど、正確な結果が出ます。(デフォルト:256)
keyspace キースペースの名前。
テーブル テーブルの名前。
duration durationはミリ秒
-- オプションと間違えられる可能性のある引数とオプションを区切ります。

説明

nodetool toppartitionsコマンドは、指定した期間中にテーブル内のアクティビティーをサンプリングし、その期間中に最もアクティブなパーティションのリストを出力します。このコマンドを実行するには、フォーカスするキースペースとテーブル、およびDataStax Enterpriseがテーブルのアクティビティーをサンプリングする間隔(ミリ秒単位)を指定する必要があります。

テーブルtest.usersで最もアクティブなパーティションを1,000ミリ秒間サンプリングします。

nodetool toppartitions test users 1000

nodetool toppartitionsの出力は次のようになります。

WRITES Sampler:
  Cardinality: ~2 (256 capacity)
  Top 4 partitions:
	Partition                Count       +/-
	4b504d39354f37353131        15        14
	3738313134394d353530        15        14
	4f363735324e324e4d30        15        14
	303535324e4b4d504c30        15        14

READS Sampler:
  Cardinality: ~3 (256 capacity)
  Top 4 partitions:
	Partition                Count       +/-
       4d4e30314f374e313730        42        41
	4f363735324e324e4d30        42        41
	303535324e4b4d504c30        42        41
	4e355030324e344d3030        41        40
使用されたサンプラー(この例ではWRITESREADS)ごとに、toppartitionsは以下を報告します。
  • サンプリングされた操作のカーディナリティ(つまり、サンプル・セット内の一意の操作数)
  • 指定期間内にトラフィックが最も多く発生した、指定したテーブルのn個のパーティション(ここで、n-k引数の値、または-kがコマンドで明示的に設定されていない場合は10)。

    各パーティションに対して、toppartitionsは以下を報告します。

    パーティション・
    パーティション・キー
    Count
    指定期間中に生じた指定したタイプの操作の数。
    +/-
    カウント統計のエラーのマージン
    注: toppartitionsレポートによってパフォーマンスが低下しないように、データベースは正確な操作数を保持しませんが、サンプリング手法を使用しておおよその数値を作成します(この例では、サンプル・クラスターについて報告しています。実稼働システムでは数秒間に数百万もの読み取りまたは書き込みを生成する可能性があります)。+/-記号を使用して、toppartitionsレポートの精度を判断できます。