nodetool relocatesstables

別のデータ・ディレクトリーにあるべきトークンを含むSSTableを再度書き込みます。

別のデータ・ディレクトリーにあるべきトークンを含むSSTableをJBODディスク用に再度書き込みます。基本的に、このコマンドはSSTableを正しいディスクに再配置します。

構文

$ nodetool <options>relocatesstables -- <keyspace> <table>
tarボールおよびInstaller-No Servicesのパス:
installation_location/resources/cassandra/bin
表 1. オプション
短い形式 長い形式 説明
-h --host ホスト名またはIPアドレス。
-p --port ポート番号。
-pwf --password-file パスワード・ファイルのパス。
-pw --password パスワード。
-u --username リモートJMXエージェントのユーザー名。
keyspace キースペースの名前。
テーブル テーブルの名前。
-- オプションと間違えられる可能性のある引数とオプションを区切ります。

説明

このnodetoolコマンドを使用すると、ディスク上のSSTableの場所を手動で再度書き込むことができます。これは、JBODディスク・ストレージで使用するためのものです。このコマンドは、JBODに格納されているクラスターのレプリケーション係数を変更した場合、または新しいディスクを追加した場合にも使用できます。すべてのトークンがデータ・ディレクトリーに正しく格納されていない場合、nodetool relocatesstablesに効果はありません。

Text

$ nodetool relocatesstables cycling