nodetool gettimeout

指定されたタイプのタイムアウト値をミリ秒単位で出力します。

指定されたタイプのタイムアウト値をミリ秒単位で出力します。

構文

$ nodetool [options] gettimeout [--] <timeout_type>
tarボールおよびInstaller-No Servicesのパス:
installation_location/resources/cassandra/bin
表 1. オプション
短い形式 長い形式 説明
-h --host ホスト名またはIPアドレス。
-p --port ポート番号。
-pwf --password-file パスワード・ファイルのパス。
-pw --password パスワード。
-u --username リモートJMXエージェントのユーザー名。
timeout_type タイムアウト・タイプ。read、range、write、counterwrite、cascontention、truncate、streamingsocket、misc(general rpc_timeout_in_ms)のいずれか。
-- オプションと間違えられる可能性のある引数とオプションを区切ります。
注:
  • tarボール・インストールの場合は、installation_location/binディレクトリーからコマンドを実行します。
  • RMI認証用のユーザー名とパスワードがホストのcassandra-env.shファイルに明示的に設定されている場合は、認証情報を指定する必要があります。
  • -- オプションと間違えられるような引数とオプションを分離します。
  • タイムアウト・タイプ:
    • read
    • range
    • write
    • counterwrite
    • cascontention
    • truncate
    • streamingsocket
    • misc(general rpc_timeout_in_msなど)

説明

nodetool gettimeoutコマンドは、指定されたタイプのタイムアウト値をミリ秒単位で表示します。複数のタイムアウトを指定できます。

$ nodetool -u username -pw password gettimeout read
cassandra-env.shファイルの場所は、インストールのタイプによって異なります。

パッケージ・インストールInstaller-Servicesインストール

/etc/dse/cassandra/cassandra-env.sh

tarボール・インストールInstaller-No Servicesインストール

installation_location/resources/cassandra/conf/cassandra-env.sh