nodetool setcachecapacity

グローバル・キーおよび行キャッシュの容量をメガバイト単位で設定します。

グローバル・キーおよび行キャッシュの容量をメガバイト単位で設定します。

構文

$ nodetool <options> setcachecapacity -- <key-cache-capacity> <row-cache-capacity>
tarボールおよびInstaller-No Servicesのパス:
installation_location/resources/cassandra/bin
表 1. オプション
短い形式 長い形式 説明
-h --host ホスト名またはIPアドレス。
-p --port ポート番号。
-pwf --password-file パスワード・ファイルのパス。
-pw --password パスワード。
-u --username リモートJMXエージェントのユーザー名。
key-cache-capacity メモリー内のキー・キャッシュの最大サイズ(メガバイト(MB)単位)。
row-cache-capacity メモリー内の行キャッシュの最大サイズ(メガバイト(MB)単位)。
counter-cache-capacity メモリー内のカウンター・キャッシュの最大サイズ(メガバイト(MB)単位)。
-- オプションと間違えられる可能性のある引数とオプションを区切ります。

説明

key-cache-capacity引数は、cassandra.yamlkey_cache_size_in_mbパラメーターに対応します。キー・キャッシュが1回ヒットすると、1回のシークが節約され、行キャッシュが1回ヒットすると、最低2回のシークが節約されます。一部のメモリーをキー・キャッシュ専用として割り当てると応答時間が短縮されるため、通常は好ましいトレードオフとなります。デフォルト値は空です。これは、ヒープの5パーセントに相当するメガバイト(MB)と100MBのどちらか小さい方を意味します。

key-cache-capacity引数は、cassandra.yamlrow_cache_size_in_mbパラメーターに対応します。デフォルトでは、行キャッシングはゼロ(無効)です。

counter-cache-capacity引数は、cassandra.yamlcounter_cache_size_in_mbに対応します。デフォルトでは、カウンター・キャッシングはヒープの最低2.5%または50MBです。

cassandra.yamlファイルの場所は、インストールのタイプによって異なります。

パッケージ・インストールInstaller-Servicesインストール

/etc/dse/cassandra/cassandra.yaml

tarボール・インストールInstaller-No Servicesインストール

installation_location/resources/cassandra/conf/cassandra.yaml