nodetool settraceprobability

要求をトレースする確率を設定します。

要求をトレースする確率を設定します。

構文

$ nodetool <options> settraceprobability -- <value>
tarボールおよびInstaller-No Servicesのパス:
installation_location/resources/cassandra/bin
表 1. オプション
短い形式 長い形式 説明
-h --host ホスト名またはIPアドレス。
-p --port ポート番号。
-pwf --password-file パスワード・ファイルのパス。
-pw --password パスワード。
-u --username リモートJMXエージェントのユーザー名。
value 0~1の範囲のトレース確率。例を次に示します。0.2。
-- オプションと間違えられる可能性のある引数とオプションを区切ります。

説明

確率的トレースは、問題のあるクエリーを識別することで、断続的なクエリーのパフォーマンス問題の原因を特定するのに役立ちます。このオプションは、クラスターに送信された一部またはすべての文をトレースします。通常、要求をトレースするには、最低でも10行を挿入する必要があります。

1.0の確率を指定するとすべてがトレースされ、それより小さい値(0.10など)を指定すると特定の割合の文のみがサンプリングされます。規模の大きいアクティブなシステムでは注意が必要です。システム全体をトレースすると、パフォーマンスに影響が及ぶためです。負荷が非常に軽くない限り、すべての要求をトレースする(1.0の確率)と、システムのパフォーマンスが低下する可能性が高くなります。0.001などの小さい確率から始めて、必要に応じて値を大きくしてください。トレース情報はsessionsとeventsの2つのテーブルを格納するsystem_tracesキースペースに保存されます。これらのテーブルは、トレースを開始してから最も時間のかかったクエリーはどれかなどの疑問に答えるために簡単にクエリーできます。確率的トレース情報を得るには、system_traces.sessionsテーブルおよびeventsテーブルのparametersマップとthreadカラムをクエリーします。

現在のトレース確率設定を探索するには、nodetool gettraceprobabilityを使用します。