nodetool setlogginglevel

サービスのログ・レベルを設定します。

サービスのログ・レベルを設定します。

構文

$ nodetool <options> setlogginglevel -- <class> <level>
tarボールおよびInstaller-No Servicesのパス:
installation_location/resources/cassandra/bin
表 1. オプション
短い形式 長い形式 説明
-h --host ホスト名またはIPアドレス。
-p --port ポート番号。
-pwf --password-file パスワード・ファイルのパス。
-pw --password パスワード。
-u --username リモートJMXエージェントのユーザー名。
class レベルを変更するためのクラス。たとえば、org.apache.cassandra.service.StorageProxyのような完全修飾ドメイン名。
level ロギング・レベル。たとえば、DEBUG。
-- オプションと間違えられる可能性のある引数とオプションを区切ります。

説明

logback-text.xmlファイルを変更せずに、このコマンドを使用してサービスのロギング・レベルを設定できます。ロガー・クラス修飾子の場合、以下の値が有効です。
  • org.apache.cassandra
  • org.apache.cassandra.db
  • org.apache.cassandra.service.StorageProxy
以下のログ・レベルが可能です。
  • ALL
  • TRACE
  • DEBUG
  • INFO
  • WARN
  • ERROR
  • OFF

クラス修飾子とコマンドのレベル引数の両方が空またはNullの場合、コマンドは、ロギングを初期設定にリセットします。

このコマンドは、StorageProxyサービスをデバッグ・レベルに設定します。

$ nodetool setlogginglevel org.apache.cassandra.service.StorageProxy DEBUG
注: DataStax Enterprise 5.0以降は、コンパクション用の拡張ロギングをサポートしています。このユーティリティは、テーブル構成の一部として構成されている必要があります。拡張コンパクション・ログは別ファイルに格納されます。詳細については、「拡張コンパクション・ロギングの有効化」を参照してください。