nodetool status

状態、負荷、IDなどのクラスターに関する情報を表示します。

状態、負荷、IDなどのクラスターに関する情報を表示します。

構文

$ nodetool <options> status ( -r | --resolve-ip ) -- <keyspace>
tarボールおよびInstaller-No Servicesのパス:
installation_location/resources/cassandra/bin
表 1. オプション
短い形式 長い形式 説明
-h --host ホスト名またはIPアドレス。
-p --port ポート番号。
-pwf --password-file パスワード・ファイルのパス。
-pw --password パスワード。
-u --username リモートJMXエージェントのユーザー名。
-r --resolve-ip IPアドレスの代わりにノード名を表示します。
keyspace キースペースの名前。
-- オプションと間違えられる可能性のある引数とオプションを区切ります。

説明

statusコマンドは、以下の情報を表示します。

  • Status - U(up)またはD(down)

    ノードが機能しているかどうかを示します。

  • State - N(正常)、L(離脱)、J(参加)、M(移動)

    クラスターから見たノードの状態。

  • Address

    ノードのURL。

  • Load - 90秒ごとに更新します。

    snapshotsサブディレクトリーの内容をすべて除外した後の、cassandraデータ・ディレクトリーに含まれているファイル・システム・データの量。すべてのSSTableデータ・ファイルが含まれるため、TTLが期限切れになったセルやトゥームストーン・データなどの、クリーンアップされていないデータも含まれます。

  • Tokens

    ノードのトークン・セットの数。

  • Owns

    データ・センターごとにノードが所有しているデータの割合にレプリケーション係数を掛けたもの。たとえば、ノードがリングの33%を所有しているとき、レプリケーション係数が3の場合には、100%と示されます。

    重要: クラスターに、レプリケーション・ストラテジまたはレプリケーション係数の異なるキースペースがある場合、有意な所有権情報を得るには、nodetool status実行時にキースペースを指定してください。
  • Host ID

    ノードのネットワークID。

  • Rack

    ラック、またはAmazon EC2の場合には、ノードのアベイラビリティー・ゾーン。

この例は、nodetool statusを実行したときの出力を示しています。

$ nodetool status mykeyspace Datacenter: datacenter1 ======================= Status=Up/Down |/ State=Normal/Leaving/Joining/Moving -- Address Load Tokens Owns Host ID Rack UN 127.0.0.1 47.66 KB 1 33.3% aaa1b7c1-6049-4a08-ad3e-3697a0e30e10 rack1 UN 127.0.0.2 47.67 KB 1 33.3% 1848c369-4306-4874-afdf-5c1e95b8732e rack1 UN 127.0.0.3 47.67 KB 1 33.3% 49578bf1-728f-438d-b1c1-d8dd644b6f7f rack1