nodetool setcachekeystosave

各キャッシュが保存するキーの数を設定し、再起動後のウォームアップを加速させます。

各キャッシュが保存するキーの数を設定し、再起動後のウォームアップを加速させます。

構文

$ nodetool <options> setcachekeystosave -- <key-cache-keys-to-save> <row-cache-keys-to-save>
tarボールおよびInstaller-No Servicesのパス:
installation_location/resources/cassandra/bin
表 1. オプション
短い形式 長い形式 説明
-h --host ホスト名またはIPアドレス。
-p --port ポート番号。
-pwf --password-file パスワード・ファイルのパス。
-pw --password パスワード。
-u --username リモートJMXエージェントのユーザー名。
key-cache-keys-to-save 保存済みキャッシュ・ディレクトリーに保存するキー・キャッシュ内のキーの数。無効にするには、0に設定します。
row-cache-keys-to-save 保存済みキャッシュ・ディレクトリーに保存する行キャッシュ内のキーの数。無効にするには、0に設定します。
counter-cache-keys-to-save 保存済みキャッシュ・ディレクトリーに保存するカウンター・キャッシュ内のキーの数。無効にするには、0に設定します。
-- オプションと間違えられる可能性のある引数とオプションを区切ります。

説明

このコマンドは、指定した数のキー・キャッシュと行キャッシュを保存済みキャッシュ・ディレクトリーに保存します。このディレクトリーは、cassandra.yamlで指定します。key-cache-keys-to-save引数は、cassandra.yaml内のkey_cache_keys_to_saveに対応しています。これはデフォルトでは無効になっています(すべてのキーが保存されます)。row-cache-keys-to-save引数は、cassandra.yaml内のrow_cache_keys_to_saveに対応しています。これはデフォルトでは無効になっています。

cassandra.yamlファイルの場所は、インストールのタイプによって異なります。

パッケージ・インストールInstaller-Servicesインストール

/etc/dse/cassandra/cassandra.yaml

tarボール・インストールInstaller-No Servicesインストール

installation_location/resources/cassandra/conf/cassandra.yaml