nodetool decommission

ノードのデータを別のノードにストリーミングすることで、ノードを非アクティブにします。

ノードのデータを別のノードにストリーミングすることで、ノードを非アクティブにします。

稼働中のノードがそれ自体を使用廃止にし、そのデータをリング上の次のノードにストリーミングするようにします。「データ・センターの使用廃止」、「ノードの除去」、および「ノードの追加および古いノードの使用廃止」を参照してください。
ヒント: nodetool nodetool netstatsを使用して、進行状況を監視します。
注: 使用廃止してもノードはシャットダウンされません。使用廃止が完了した後にノードをシャットダウンしてください。

構文

nodetool options decommission [-f | --force]
tarボールおよびInstaller-No Servicesのパス:
installation_location/resources/cassandra/bin
表 1. オプション
短い形式 長い形式 説明
-h --host ホスト名またはIPアドレス。
-p --port ポート番号。
-pwf --password-file パスワード・ファイルのパス。
-pw --password パスワード。
-u --username リモートJMXエージェントのユーザー名。
-- オプションと間違えられる可能性のある引数とオプションを分離します。
-f、--force

レプリカの数が構成済みのRFよりも少なくなる場合でも、このノードを強制的に使用廃止にします。