nodetool rebuild

他のノードからのストリーミングによってデータを再構築します。

他のノードからのストリーミングによってデータを再構築します。

構文

$ nodetool options rebuild [ -ks | --keyspace keyspace_name [ , keyspace_name ] ...] [ -ts | --tokens token_spec ] [ -- source-dc-name ]
tarボールおよびInstaller-No Servicesのパス:
installation_location/resources/cassandra/bin
表 1. オプション
短い形式 長い形式 説明
-h --host ホスト名またはIPアドレス。
-p --port ポート番号。
-pwf --password-file パスワード・ファイルのパス。
-pw --password パスワード。
-ks specific_keyspace --keyspace specific_keyspace 特定のキースペースをリビルドします。
source-dc-name ストリーミングのソースを選択するデータ・センターの名前。デフォルトでは、任意のデータ・センターを選択します。
-- オプションと間違えられる可能性のある引数とオプションを区切ります。

パラメーター

keyspace_name

リビルドするキースペースの名前。rebuildコマンドは、1つのキースペースまたはコンマ区切りのキースペース・リストで動作します。

token_spec
1つまたは複数のトークンや、1つまたは複数のトークンの範囲。token_specには、次のものが使用できます。
  • 1つの特定のトークン。
  • 単一トークンのコンマ区切りリスト。
  • ( start_token, end_token)で指定したトークンの範囲。
  • トークン範囲のコンマ区切りリスト。例:( start_token1, end_token1)、(start_token2, end_token2, .. .
  • 単一トークンとトークン範囲が混在するコンマ区切りリスト。例:token1, ( start_token2, end_token2) , ( start_token3, end_token3) , token4, .. .
--
オプションと間違えられる可能性のある引数とオプションを区切ります。
source-dc-name

DSEがストリーミングのソースとして使用するデータ・センターの名前。DSEは、任意のデータ・センターからリビルドします。文で指定されていない場合は、DSEによってランダムに選択されます。

説明

このコマンドは、クラスター内の複数のノードに対して実行されます。rebuildは、nodetool bootstrapと同様に、トークン範囲をリビルドするときに、1つのソース・レプリカからのデータのみをストリーミングします。既存のクラスターに新しいデータ・センターを追加するには、このコマンドを使用します。

一部のトークン範囲を取得できないためにrebuildが失敗した場合は、-tsまたは--tokenオプションを使用してトークンのリストまたは1つ以上のトークン範囲を指定することで、選択的にリビルドできます。

注: rebuildが完了する前に中断された場合は、コマンドを再入力して再開することができます。プロセスは中断された時点から再開します。