Ec2MultiRegionSnitch

クラスターが複数のリージョンにまたがるAmazon EC2にデプロイする場合は、EC2MultiRegionSnitchを使用します。

クラスターが複数のリージョンにまたがるAmazon EC2にデプロイする場合は、EC2MultiRegionSnitchを使用します。

cassandra.yamlファイルと、Ec2MultiRegionSnitchが使用するプロパティ・ファイル(cassandra-rackdc.properties)の両方で設定を構成する必要があります。

リージョン間通信ができるようにcassandra.yamlを構成する

Ec2MultiRegionSnitchでは、broadcast_addressで指定されているパブリックIPを使用して、リージョン間の接続を可能にします。各ノードを以下のように構成します。

  1. cassandra.yamlで、listen_addressをノードのプライベートIPアドレスに設定し、broadcast_addressをノードのパブリックIPアドレスに設定します。

    これにより、1つのEC2リージョンのCassandraノードが他のリージョンのノードに結合され、複数データ・センターのサポートが有効になります。リージョン内トラフィックのために、Cassandraは、接続を確立した後プライベートIPに切り替えます。

  2. cassandra.yamlファイル内のシード・ノードのアドレスをパブリックIPのアドレスに設定します。プライベートIPはネットワーク間でルーティングできません。例:
    seeds:50.34.16.33, 60.247.70.52

    パブリックIPアドレスを探すには、EC2の各シード・ノードから以下を実行します。

    curl http://instance-data/latest/meta-data/public-ipv4
    注: すべてのノードをシードにしないでください。「ノード間のコミュニケーション(ゴシップ)」を参照してください。
  3. storage_portまたはssl_storage_portがパブリックIPファイアウォールで開かれていることを確認してください。

リージョン間通信ができるようにスニッチを構成する

EC2デプロイでは、リージョン名はデータ・センター名として扱われ、アベイラビリティー・ゾーンはデータ・センター内のラックとして扱われます。たとえば、ノードがus-east-1リージョンにある場合、us-eastはデータ・センター名で、1がラックの場所です(ラックはレプリカの分散には重要ですが、データ・センターの命名には重要ではありません)。

ノードごとに、cassandra-rackdc.propertiesでそのデータ・センターを指定します。dc_suffixオプションは、スニッチで使用するデータ・センターを定義します。他の行は無視されます。

以下の例では、2つのcassandraデータ・センターがあり、データ・センターはそれぞれ、ワークロードの名前が付けられています。この例でのデータ・センター命名規則は、ワークロードに基づいています。DC1、DC2、または100、200など他の規則を使用することもできます。 (データ・センター名では大文字と小文字が区別されます。)

Region:us-east Region:us-west
Node and data center:
  • node0

    dc_suffix=_1_cassandra

  • node1

    dc_suffix=_1_cassandra

  • node2

    dc_suffix=_2_cassandra

  • node3

    dc_suffix=_2_cassandra

  • node4

    dc_suffix=_1_analytics

  • node5

    dc_suffix=_1_search

この結果、4つのus-eastデータ・センターがあることになります。
us-east_1_cassandra us-east_2_cassandra us-east_1_analytics us-east_1_search
Node and data center:
  • node0

    dc_suffix=_1_cassandra

  • node1

    dc_suffix=_1_cassandra

  • node2

    dc_suffix=_2_cassandra

  • node3

    dc_suffix=_2_cassandra

  • node4

    dc_suffix=_1_analytics

  • node5

    dc_suffix=_1_search

この結果、4つのus-westデータ・センターがあることになります。
us-west_1_cassandra us-west_2_cassandra us-west_1_analytics us-west_1_search

キースペース・ストラテジ・オプション

キースペース・ストラテジ・オプションを定義するときに、``us-east``などのEC2リージョン名をデータ・センター名として使用してください。

cassandra-rackdc.propertiesファイルの場所は、インストールのタイプによって異なります。
パッケージ・インストール /etc/cassandra/cassandra-rackdc.properties
tarボール・インストール install_location/conf/cassandra-rackdc.properties
Windowsインストール C:\Program Files\DataStax Community\apache-cassandra\conf\cassandra-rackdc.properties
cassandra.yamlファイルの場所は、インストールのタイプによって異なります。
パッケージ・インストール /etc/cassandra/cassandra.yaml
tarボール・インストール install_location/resources/cassandra/conf/cassandra.yaml
Windowsインストール C:\Program Files\DataStax Community\apache-cassandra\conf\cassandra.yaml