nodetoolユーティリティ

クラスターを管理するためのコマンドライン・インターフェイス。

nodetoolユーティリティは、クラスターを管理するためのコマンドライン・インターフェイスです。

コマンド形式

$ nodetool [オプション] command [引数]
表 1. オプション
短い形式 長い形式 説明
-h --host ホスト名またはIPアドレス
-p --port ポート番号
-pwf --password-file パスワード・ファイルのパス
-pw --password パスワード
-u --username ユーザー名
注:
  • tarボール・インストールの場合は、install_location/binディレクトリからコマンドを実行します。
  • RMI認証用のユーザー名とパスワードがホストのcassandra-env.shファイルに明示的に設定されている場合は、認証情報を指定する必要があります。
  • リペアおよびリビルド・コマンドは、クラスター内の複数のノードに影響することがあります。
  • ほとんどのnodetoolコマンドは、-hを使用して1つ以上の他のノードを指定していなければ、クラスター内の1つのノード上で実行されます。コマンド発行元のノードがコマンドの実行対象である場合、-hオプションを使用して実行対象を指定する必要はありません。それ以外の場合、リモート呼び出しの場合は、-hオプションを使用して1つまたは複数の実行対象ノードを指定します。
$ nodetool -u cassandra -pw cassandra describering demo_keyspace
cassandra-env.shファイルの場所は、インストールのタイプによって異なります。
パッケージ・インストール /etc/cassandra/cassandra-env.sh
tarボール・インストール install_location/conf/cassandra-env.sh
cassandra-env.ps1の場所:
Windowsインストール C:\Program Files\DataStax Community\apache-cassandra\conf\cassandra-env.ps1

nodetoolのヘルプを表示する

nodetool help
Nodetoolコマンドの一覧を表示します。
nodetool help コマンド名
特定のコマンドのヘルプを表示します。例:
$ nodetool help upgradesstables