nodetool settraceprobability

要求をトレースする確率を設定します。

要求をトレースする確率を設定します。

構文

$ nodetool <オプション> settraceprobability -- <value>
  • オプションは以下のとおりです。
    • (-h | --host) <ホスト名> | <IPアドレス>
    • (-p | --port) <ポート番号>
    • (-pw | --password) <パスワード>
    • (-u | --username) <ユーザー名>
    • (-pwf <passwordFilePath | --password-file <passwordFilePath>)
  • -- オプションと間違えられるような引数とオプションを分離します。
  • valueは0〜1の範囲の確率です。

構文の凡例

  • 山かっこ(< >)は、リテラルではなく変数を意味する
  • イタリック体は指定が任意であることを意味する
  • パイプ(|)記号はORまたはAND/ORを意味する
  • 省略記号(...)は繰り返し可能を意味する
  • 範囲記号「(」および「)」はリテラルではなく、範囲を示す

説明

確率的トレースは、問題のあるクエリーを識別することで、断続的なクエリーのパフォーマンス問題の原因を特定するのに役立ちます。このオプションは、クラスターに送信された一部またはすべての文をトレースします。通常、要求をトレースするには、最低でも10行を挿入する必要があります。

1.0の確率を指定するとすべてがトレースされ、それより小さい値(0.10など)を指定すると特定の割合の文のみがサンプリングされます。規模の大きいアクティブなシステムでは注意が必要です。システム全体をトレースすると、パフォーマンスに影響が及ぶためです。負荷が非常に軽くない限り、すべての要求をトレースする(1.0の確率)と、システムのパフォーマンスが低下する可能性が高くなります。0.001などの小さい確率から始めて、必要に応じて値を大きくしてください。トレース情報はsessionsとeventsの2つのテーブルを格納するsystem_tracesキースペースに保存されます。これらのテーブルは、トレースを開始してから最も時間のかかったクエリーはどれかなどの疑問に答えるために簡単にクエリーできます。確率的トレース情報を得るには、system_traces.sessionsテーブルおよびeventsテーブルのparametersマップとthreadカラムをクエリーします。

現在のトレース確率設定を探索するには、nodetool gettraceprobabilityを使用します。