nodetool cleanup

ノードに属さなくなったキースペースとパーティション・キーをクリーンアップします。

ノードに属さなくなったキースペースとパーティション・キーをクリーンアップします。

構文

$ nodetool <オプション> cleanup --  <keyspace>(<table> ...)
  • オプションは以下のとおりです。
    • (-h | --host) <ホスト名> | <IPアドレス>
    • (-p | --port) <ポート番号>
    • (-pw | --password) <パスワード>
    • (-u | --username) <ユーザー名>
    • (-pwf <passwordFilePath | --password-file <passwordFilePath>)
  • -- オプションと間違えられる可能性のある引数とオプションを分離します。
  • keyspaceはキースペース名です。
  • tableは、スペースで区切られた1つ以上のテーブル名です。

構文の凡例

  • 山かっこ(< >)は、リテラルではなく変数を意味する
  • イタリック体は指定が任意であることを意味する
  • パイプ(|)記号はORまたはAND/ORを意味する
  • 省略記号(...)は繰り返し可能を意味する
  • 範囲記号「(」および「)」はリテラルではなく、範囲を示す

説明

このコマンドは、新しいノードをクラスターに追加した後、不要なデータを削除するのに使用します。Cassandraでは、新たに追加されたノードに一部のパーティション範囲を引き渡したノードのデータを自動的には削除しません。新しいノードの起動後に、供給元のノード、および同じ部分範囲を共有している近隣のノードでnodetool cleanupを実行します。ノードの追加後にこのコマンドを実行しなければ、そのノードの負荷のバランス調整を行うときに古いデータが含まれます。nodetool cleanupコマンドを実行すると、ディスク領域の使用量が最大のSSTableのサイズに比例して一時的に増加します。このコマンドの実行中は、ディスクの入出力が発生します。

このコマンドを実行すると、テーブル内でカウンター・カラムを使用しているノードに影響が及びます。Cassandraによって、新しいカウンターIDがノードに割り当てられます。

任意で、このコマンドに対してテーブル名のリストを指定することができます。キースペースを指定しなければ、ノードに属さなくなったすべてのキースペースがクリーンアップされます。