nodetool compact

1つまたは複数のテーブルを対象にメジャー・コンパクションを強制します。

1つまたは複数のテーブルを対象にメジャー・コンパクションを強制します。

構文

$ nodetool <オプション> compact <keyspace>( <table> ... )
  • オプションは以下のとおりです。
    • (-h | --host) <ホスト名> | <IPアドレス>
    • (-p | --port) <ポート番号>
    • (-pw | --password) <パスワード>
    • (-u | --username) <ユーザー名>
    • (-pwf <passwordFilePath | --password-file <passwordFilePath>)
  • -- オプションと間違えられるような引数とオプションを分離します。
  • keyspaceはキースペースの名前です。
  • tableは、スペースで区切られた1つ以上のテーブル名です。

構文の凡例

  • 山かっこ(< >)は、リテラルではなく変数を意味する
  • イタリック体は指定が任意であることを意味する
  • パイプ(|)記号はORまたはAND/ORを意味する
  • 省略記号(...)は繰り返し可能を意味する
  • 範囲記号「(」および「)」はリテラルではなく、範囲を示す

説明

このコマンドは、SizeTieredCompactionStrategyおよびDateTieredCompactionStrategyを使用しているテーブルを対象にコンパクション・プロセスを開始します。コンパクションの対象となるキースペースを指定できます。キースペースを指定しなければ、nodetoolコマンドは現在のキースペースを使用します。コンパクションの対象となる1つ以上のテーブルを指定できます。テーブルを指定しなければ、キースペース内のすべてのテーブルがコンパクションされます。これはメジャー・コンパクションと呼ばれます。1つまたは複数のテーブルを指定すると、それらのテーブルがコンパクションされます。これはマイナー・コンパクションと呼ばれます。メジャー・コンパクションは、リペア済みSSTableと未リペアSSTableのそれぞれのプールを、1つのリペア済みSSTableと1つの未リペアSSTableに統合します。コンパクション中は、古いSSTableと新しいSSTableが共存するため、ディスク領域の使用量とディスクI/Oが一時的に増加します。メジャー・コンパクションでは、ディスクの入出力が多く発生します。