cassandra-stressの出力の解釈

実行中のテストの出力について。

各行は、前回の経過時刻から現在の経過時刻までの間隔のデータを示します。

Created keyspaces.Sleeping 1s for propagation.Warming up WRITE with 50000 iterations...INFO 23:57:05 Using data-center name 'datacenter1' for DCAwareRoundRobinPolicy (if this is incorrect, please provide the correct datacenter name with DCAwareRoundRobinPolicy constructor) Connected to cluster:Test Cluster Datacenter:datacenter1; Host:localhost/127.0.0.1; Rack:rack1 INFO 23:57:05 New Cassandra host localhost/127.0.0.1:9042 added Sleeping 2s...WARNING:uncertainty mode (err<) results in uneven workload between thread runs, so should be used for high level analysis only Running with 4 threadCount Running WRITE with 4 threads until stderr of mean < 0.02 total ops , adj row/s, op/s, pk/s, row/s, mean, med, .95, .99, .999, max, time, stderr, gc:#, max ms, sum ms, sdv ms, mb 2552 , 2553, 2553, 2553, 2553, 1.5, 1.4, 2.5, 6.0, 12.6, 18.0, 1.0, 0.00000, 0, 0, 0, 0, 0 5173 , 2634, 2613, 2613, 2613, 1.5, 1.5, 1.8, 2.6, 8.6, 9.2, 2.0, 0.00000, 0, 0, 0, 0, 0 ...結果:op rate :3954 partition rate :3954 row rate :3954 latency mean :1.0 latency median :0.8 latency 95th percentile :1.5 latency 99th percentile :1.8 latency 99.9th percentile :2.2 latency max :73.6 total gc count :25 total gc mb :1826 total gc time (s) :1 avg gc time(ms) :37 stdev gc time(ms) :10 Total operation time :00:00:59 Sleeping for 15s Running with 4 threadCount
表 1. cassandra-stressの出力
データ 説明
total ops 実行時の操作の総数。
op/s 実行時に実行された1秒あたりの操作の数。
pk/s 実行時に実行された1秒あたりのパーティション操作の数。
row/s 実行時に実行された1秒あたりの行操作の数。
mean その実行時の各操作のミリ秒単位の平均レイテンシー。
med その実行時の各操作のミリ秒単位の中央値レイテンシー。
.95 レイテンシーの95%がこのカラムに表示されている数値より低いことを示す。
.99 レイテンシーの99%がこのカラムに表示されている数値より低いことを示す。
.999 レイテンシーの99.9%がこのカラムに表示されている数値より低いことを示す。
max 最大レイテンシー(ミリ秒)。
time 合計操作時間。
stderr 平均の標準誤差。平均スループットの数値の確実性を表す値。数字が小さいほど、クラスターのパフォーマンスの測定値の正確性が高い。
gc: # ガーベージ・コレクションの数。
max ms 最長のガーベージ・コレクション(ミリ秒単位)。
sum ms ガーベージ・コレクションの合計(ミリ秒単位)。
sdv ms 標準偏差(ミリ秒単位)。
mb ガーベージ・コレクションのサイズ(メガバイト単位)