nodetool status

状態、負荷、IDなどのクラスターに関する情報を表示します。

状態、負荷、IDなどのクラスターに関する情報を表示します。

構文

$ nodetool <オプション> status( -r |  --resolve-ip ) -- <keyspace>
  • オプションは以下のとおりです。
    • (-h | --host) <ホスト名> | <IPアドレス>
    • (-p | --port) <ポート番号>
    • (-pw | --password) <パスワード>
    • (-u | --username) <ユーザー名>
    • (-pwf <passwordFilePath | --password-file <passwordFilePath>)
  • -rまたは--resolve-ipは、IPアドレスの代わりにノード名を表示することを意味します。
  • -- オプションと間違えられるような引数とオプションを分離します。
  • keyspaceはキースペース名です。

構文の凡例

  • 山かっこ(< >)は、リテラルではなく変数を意味する
  • イタリック体は指定が任意であることを意味する
  • パイプ(|)記号はORまたはAND/ORを意味する
  • 省略記号(...)は繰り返し可能を意味する
  • 範囲記号「(」および「)」はリテラルではなく、範囲を示す

説明

statusコマンドは、以下の情報を表示します。

  • Status - U(up)またはD(down)

    ノードが機能しているかどうかを示します。

  • State - N(正常)、L(離脱)、J(参加)、M(移動)

    クラスターから見たノードの状態。

  • Address

    ノードのURL。

  • Load - 90秒ごとに更新します。

    snapshotsサブディレクトリーの内容をすべて除外した後の、cassandraデータ・ディレクトリーに含まれているファイル・システム・データの量。すべてのSSTableデータ・ファイルが含まれるため、TTLが期限切れになったセルやトゥームストーン・データなどの、クリーンアップされていないデータも含まれます。

  • Tokens

    ノードのトークン・セットの数。

  • Owns

    データ・センターごとにノードが所有しているデータの割合にレプリケーション係数を掛けたもの。たとえば、ノードがリングの33%を所有しているとき、レプリケーション係数が3の場合には、100%と示されます。

    重要: クラスターに、レプリケーション・ストラテジまたはレプリケーション係数の異なるキースペースがある場合、有意な所有権情報を得るには、nodetool status実行時にキースペースを指定してください。
  • Host ID

    ノードのネットワークID。

  • Rack

    ラック、またはAmazon EC2の場合には、ノードのアベイラビリティー・ゾーン。

この例は、nodetool statusを実行したときの出力を示しています。

$ nodetool status mykeyspace

Datacenter:datacenter1
=======================
Status=Up/Down
|/ State=Normal/Leaving/Joining/Moving
--  Address      Load       Tokens  Owns   Host ID                               Rack
UN  127.0.0.1  47.66 KB   1       33.3%   aaa1b7c1-6049-4a08-ad3e-3697a0e30e10  rack1
UN  127.0.0.2  47.67 KB   1       33.3%   1848c369-4306-4874-afdf-5c1e95b8732e  rack1
UN  127.0.0.3  47.67 KB   1       33.3%   49578bf1-728f-438d-b1c1-d8dd644b6f7f  rack1