nodetool disablethrift

Thriftサーバーを無効にします。

Thriftサーバーを無効にします。

構文

$ nodetool [オプション] disablethrift [引数]
表 1. オプション
短い形式 長い形式 説明
-h --host ホスト名またはIPアドレス
-p --port ポート番号
-pwf --password-file パスワード・ファイルのパス
-pw --password パスワード
-u --username ユーザー名
注:
  • tarボール・インストールの場合は、install_location/binディレクトリからコマンドを実行します。
  • RMI認証用のユーザー名とパスワードがホストのcassandra-env.shファイルに明示的に設定されている場合は、認証情報を指定する必要があります。
  • nodetool disablethriftは、-hを使用して1つ以上の他のノードを指定していなければ、クラスター内の1つのノード上で実行されます。コマンド発行元のノードがコマンドの実行対象である場合、-hオプションを使用して実行対象を指定する必要はありません。それ以外の場合は、リモート呼び出しの場合、-hオプションを使用して1つまたは複数の実行対象ノードを指定します。

構文の凡例

  • 山かっこ(< >)は、リテラルではなく変数を意味する
  • イタリック体は指定が任意であることを意味する
  • パイプ(|)記号はORまたはAND/ORを意味する
  • 省略記号(...)は繰り返し可能を意味する
  • 範囲記号「(」および「)」はリテラルではなく、範囲を示す

説明

nodetool disablethrift は、ノードがコーディネーターとして動作することを阻止しているノード上のThriftを無効にします。ノードは、別のコーディネーターのレプリカであることは可能で、整合性レベルONEで読み取られたデータが古い可能性はあります。ノードが他のコーディネーターからの読み取り要求を無視するには、nodetool disablegossipも実行されている必要があります。しかし、両方のコマンドが実行された場合、ノードはリペアを実行せず、古いデータを格納し続けます。目的がノードをリペアすることである場合は、リペア実行時の読み取り操作の整合性レベルをQUORUM以上に設定します。他のアプローチとして、ノードのデータを削除して、Cassandraプロセスを再開する方法もあります。

無効にされているノードに対して、リモートでnodetoolコマンドを-hオプション付きで実行するには、無効にされているノードに対して、ローカルでnodetool enablethriftnodetool enablegossipが実行されている必要があります。

$ nodetool -u cassandra -pw cassandra disablethrift 192.168.100.1