nodetool stop

コンパクション・プロセスを停止します。

コンパクション・プロセスを停止します。

構文

$ nodetool <オプション> stop -- <compaction_type>
表 1. オプション
短い形式 長い形式 説明
-h --host ホスト名またはIPアドレス
-id --compaction-id Compaction ID
-p --port ポート番号
-pwf --password-file パスワード・ファイルのパス
-pw --password パスワード
-u --username ユーザー名
注:
  • tarボール・インストールの場合は、install_location/binディレクトリからコマンドを実行します。
  • RMI認証用のユーザー名とパスワードがホストのcassandra-env.shファイルに明示的に設定されている場合は、認証情報を指定する必要があります。
  • nodetool stopは、-hを使用して1つ以上の他のノードを指定していなければ、クラスター内の1つのノード上で実行されます。コマンド発行元のノードがコマンドの実行対象である場合、-hオプションを使用して実行対象を指定する必要はありません。それ以外の場合は、リモート呼び出しの場合、-hオプションを使用して1つまたは複数の実行対象ノードを指定します。
  • 以下のコンパクション・タイプが有効です。COMPACTION、VALIDATION、CLEANUP、SCRUB、INDEX_BUILD

構文の凡例

  • 山かっこ(< >)は、リテラルではなく変数を意味する
  • イタリック体は指定が任意であることを意味する
  • パイプ(|)記号はORまたはAND/ORを意味する
  • 省略記号(...)は繰り返し可能を意味する
  • 範囲記号「(」および「)」はリテラルではなく、範囲を示す

説明

継続的に実行されるすべてのコンパクション操作を停止します。このコマンドは、ノードのパフォーマンスに影響を与えているコンパクションを停止するために一般的に使用します。コンパクションの停止後は、キュー内の残りの操作が続行されます。その後、コンパクションが再開されます。

Cassandra 2.2以降では、1つのコンパクション操作を-idオプションを使用して停止できます。コンパクションIDを取得するには、nodetool compactionstatsを実行します。