nodetool scrub

1つ以上のCassandraテーブルのSSTableを再構築します。

1つ以上のCassandraテーブルのSSTableを再構築します。

構文

$ nodetool <オプション> scrub <keyspace> --( -ns | --no-snapshot ) ( -s | --skip-corrupted ) ( <table> ... )
  • オプションは以下のとおりです。
    • (-h | --host) <ホスト名> | <IPアドレス>
    • (-p | --port) <ポート番号>
    • (-pw | --password) <パスワード>
    • (-u | --username) <ユーザー名>
    • (-pwf <passwordFilePath | --password-file <passwordFilePath>)
  • -- オプションと間違えられるような引数とオプションを分離します。
  • keyspaceはキースペースの名前です。
  • -nsまたは--no-snapshotは、スナップショットが無効になっていない(デフォルト)ことを前提として、再構築するテーブルのスナップショットを先に取得します。
  • -sまたは--skip-corruptedは、カウンター・テーブルの再構築時でも、破損しているパーティションをスキップします(デフォルトはfalse)。
  • tableは、スペースで区切られた1つ以上のテーブル名です。

構文の凡例

  • 山かっこ(< >)は、リテラルではなく変数を意味する
  • イタリック体は指定が任意であることを意味する
  • パイプ(|)記号はORまたはAND/ORを意味する
  • 省略記号(...)は繰り返し可能を意味する
  • 範囲記号「(」および「)」はリテラルではなく、範囲を示す

説明

指定したテーブルのSSTableをノード上で再構築し、再構築の前に安全対策としてデータ・ファイルのスナップショットを取ります。可能な場合はnodetool upgradesstablesを使用してください。scrubはSSTableを再構築しますが、破損していると見なしたデータは破棄し、スナップショットを取得します。このスナップショットは手動で削除する必要があります。-nsオプションを指定すると、スナップショットの作成は無効になります。scrubがカラム定義のデータ型に対してカラム値を検証できない場合は、パーティション・キーをログに記録し、次のパーティションにスキップします。カウンター・カラムを含むテーブル内の破損したパーティションをスキップすると、カウントが実際より少なくなります。このようなパーティションをスキップしようとすると、デフォルトではscrub操作が停止します。このようなパーティションをscrubにスキップさせて強制的に再構築を続けるには、--skip-corruptedオプションを指定してnodetool scrubを再実行します。